ちょっとマイナーな個人的おすすめアルトコインを3つ紹介!【仮想通貨】

こんにちは、まさき(@masaki_Prog)です。

最近は仮想通貨の知名度も上がってきて、

アルトコイン(ビットコインではないコイン)の有名どころであるイーサリウムやリップルは広く知られるようになってきました。

しかし現在アルトコインは数百種類以上存在しており、まだ値段がめちゃめちゃ安いものも山のようにあります。

そんなアルトコインの中で、僕が個人的に注目している3つのコインを紹介してみます!

アルトコインの将来はどうなるか全くわかりません。ゴミになってしまう可能性も当然あります。投資は余剰資金、自己責任でお願いします。

Verge(XVG:バージ)


名前:Verge(バージ)
表記:XVG
最大発行枚数:165億XVG
公式HP:http://vergecurrency.com/
現在の価格:


Vergeの特徴

Vergeの特徴は、

  1. Tor,I2Pによる匿名性仮想通貨
  2. オープンソースコミュニティ
  3. SNSでの投げ銭機能
  4. 取引速度の速さ

などがあります。

日本語訳された公式ブログがありますのでぜひ読んでみてください。
翻訳がガバガバですが、難しい単語もかんたん説明されていて面白いですよ笑

・匿名性仮想通貨である
Tor,I2Pといった技術で完全な匿名性が確保された仮想通貨です。

匿名の仮想通貨にはDASHやMoneroなどがありますが、どちらも価格は上がっていますよね。

さらに、Vergeは「完全な送金履歴の秘匿」、「オープンな取引」を自由に切り替えることができるなど性能も高いです。

・オープンソースコミュニティ
Xergeはオープンソースで開発されていることから、「詐欺コイン」でないことが確定します。

ブログから引用すると、

Vergeは100%純粋なお人好しと物好きで構成されたオープンソースのプロジェクトであり、新機能の実装から今夜のおかずまであらゆるすべてをVergeコミュニティで決めています。草の根スタイルのプロジェクト(原文ママ)で、コア開発チームがXVGプラットフォームを改善するため、好きなアニメも我慢しながら日夜努力しています。

とあります。開発者が儲けるためのコインを大量売却することなどはありません。

Vergeの最大供給量は165億xvgと決まっています。もったいぶらずにすごい量をジャブジャブ供給することによって、あらゆるユーザへの公平な分配を可能にし、悪い大人たちによる市場操作をことごとく防ぎ、普段使いの実用的な通貨となることを目指しています。

以上からユーザーのことを考えて開発されていることがわかりますね。

そのほか、公式のキャラクターとして「バージリスクくん(@vergeliscus)」がいます。

こういった動きは、コインのコミュニティを盛り上げることに繋がっていくはずです。
コミュニティの強さはコインの強さです。

じつは、バージリスクくんの公式サイトまであります笑

・SNSでの投げ銭機能
日本発のモナコインのようにかんたんに「Twitterでの投げ銭」が可能です。

バージリスクくんの固定ツイートで説明されているので気になる方はぜひ。

TRON(TRX:トロン)


名前:TRON(トロン)
表記:TRX
最大発行枚数:1000億TRX
公式HP:https://tronlab.com/
現在の価格:


TRONの特徴

TRONの特徴としては、

  1. エンターテイメント分野に特化
  2. 分散型ストレージ
  3. 音楽ストリーミングサービス「Peiwo」で採用
  4. シェアサイクル「Obike」と提携
  5. 日本にも上場の可能性

などがあります。

TRONは「エンターテイメント」に特化して開発されています。

現在エンターテイメントは個人が気軽に配信できるようになりながらも「Youtube」などに集約されていて、個人のクリエイターには十分にリターンを得られていないという考え方がTRONの根底にあります。

そんな個人のクリエイターを支援するための仮想通貨という位置付けということになります。

さらに、すでに大企業との提携の予定がある珍しいアルトコインだと言えます。

・分散型ストレージ
TRONの目玉の昨日として「分散型ストレージ」があります。

名前の通り多数のストレージを繋げて運用することで、個人が無料で無制限に音楽や動画をアップロードすることができるようになると言われています。

もちろんアップデートしたコンテンツは著作権にとって保護されます。

・Peiwoで採用
中国で1000万人以上が登録する音楽ストリーミングサービス「Peiwo」で使用されることが公式に発表されています。

・Obikeとの提携
台湾のシェアサイクリング事業をしている「Obiki」との提携もすでに発表されており、仮想通貨の中では実用化が予定されていて将来が有望であることがわかります。

・日本にも上場の可能性
こちらもツイッターの情報ですが、日本に上陸しそれについて呟くなどしており、日本の取引所への上場が噂されています。


XP(エックスピー)


名前:XP(エックスピー)
表記:XP
最大発行枚数:2259億XP
公式HP:https://www.xpcoin.io/
現在の価格:


XPの特徴

XPの特徴としては、

  1. ゲームで使われることを想定
  2. コミュニティが大盛り上がり
  3. 実用の予定はまだ

XPはゲーム内の経験値(Experience point)のように使われることを想定して開発されている仮想通貨になります。

一番の目玉として、XPのチャットコミュニティがあります。

現在コミュニティは最高に盛り上がっていて、これに注目している人も少なくありません。

僕が一番推しているアルトコインでもあります。

XPについては↓の記事に書いていますので読んでみてください!

発行枚数が多いせいか価格はまだまだ1円にもなっていませんし、実用の予定もまだありませんが、上がってくる可能性は高いと信じています!

紹介したコインの購入方法

今回紹介したコインは日本ではまだまだ知名度が低く、まだ上場していません。

なので、海外の取引所を使うことになります。

XVG,TRXは世界最大の取引所である「Binance(バイナンス)」で購入が可能です。

日本語化されているため、それほど構える必要はありません。
日本の取引所での操作ができれば問題ないはずです。

XPは「Binance」に上場の噂があるのですが、現在はまだ実現していないため「CoinExchange」で購入する必要があります。

こちらは英語オンリーですので、多少難易度は上がってきます。

購入したいけど心配な方は↓を参考にしてきださい!

ぜひ自分の推しコインを見つけてみてくださいね。

この記事が参考になれば嬉しいです!

それではまた〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です