【仮想通貨】コインチェックからバイナンスへの送金方法を解説!

こんにちは、まさき(@masaki_Prog)です。

マイナーなアルトコインが欲しくて、取り扱っている種類が多い中国の取引所

「Binance(バイナンス)」

にコインチェックからイーサリウム(ETH)を入金することがあったので、その方法を紹介します!



バイナンスの特徴

2017の夏に始まって以来、非常に盛り上がっている「バイナンス」。

これは、「バイナンス」がとてもユーザーに優しい仕様にしているからこそですね。

例えば、

  1. 手数料が激安(0.1%)
  2. バイナンスが発行しているBNBトークンと使えば、さらに0.05%に!
  3. コインの種類が多い(約90種類)
  4. 本人確認がなくてもすぐに始められる(2BTCまで)
  5. 日本語に対応している(ちょっと変なところあり)
  6. 取引速度も早い

と正直日本の取引所がバカバカしくなるほど良心的です。

ただし日本円を直接入金できないため、日本の取引所でコインを購入してバイナンスに送る必要があります。

送金元は「コインチェック」を選びました。

日本の取引所だったらやっぱり「コインチェック」かなと思います。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

で多くの場合はビットコインを送金すると思うのですが、手数料が高く、送金に時間もかかるので

イーサリウム(ETH)をコインチェックで買って、バイナンスに送る

のがいいと思います。今回も、その方法を使います。

バイナンスに送金する

では、コインチェックからバイナンスへイーサリウムを送金します。

バイナンスのアドレスを確認

まずは、バイナンスのトップページから「資産」→「預金の引き出し」をクリックします。

いっぱいあるコインの中から今回はイーサリウム(ETH)の「預金」を選びそのアドレスをコピーします。

別のコインのアドレスをコピーしないでください。送ったコインが電子の海になくなってしまうかもしれないです。しっかり確認しましょう。

コインチェックから送金

コインチェックの「コインを送る」→「Ethereumを送る」→「送金先リストの編集」を選択します。

ラベルと宛先を設定して保存します。

ラベルはわかりやすく、今回は「Binance_ETH」としました。

宛先は先ほどの文字列をコピペします。

その後、宛先、金額を入れて送金します。

バイナンスで確認

送金は多少時間がかかります。
ちゃんとできているか確認しましょう。

バイナンスのトップページから「資産」→「閲覧履歴」をクリックして、そこに履歴があればちゃんと送金できています。

あとは、処理が終わるのを待ちましょう。

ある程度経てば「資産」→「預金の引き出し」にてイーサリウムのご利用残高が増えていることを確認してください。

これで送金はできました。あとは、送金したイーサリウムを使ってアルトコインを購入しましょう。

【追記】バイナンスでの購入の仕方も記事にしました!

僕が注目しているのは、バージ(XVG)とトロン(TRX)です。

とりあえず、手数料削減のためのバイナンスのトークン(BNB)を少し買っておくものいいですね。

読んでいただきありがとうございました。

拡散、フォローなどしていただけると喜びます!

それではまた〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です